理念:夢を追う事を躊躇い無く出来、心身共に幸せで笑顔溢れる社会を目指します。

ワークアウト

ダンベルを使った胸のおすすめワークアウト

なかなか結果が出ない・・・

鍛えたいけど時間がない・・・

効率重視で一番結果の出るトレーニング内容がしりたい!!

そんなあなたの質問にお答えします👍👍

本記事の内容

  • 1:胸の筋肉の部位(5種類)
  • 2:胸トレの種類
  • 3:一番胸に効く種目

♦この記事を読んでいただきますと、胸トレをするにあたり一番ダンベルで胸に効くやり方が一目瞭然で分かります。筋トレが楽しくなりますよ♡

TUFFSTUFFマシン公式通販サイト

この記事を書いております僕は、ワークアウト歴6年。週のトレーニングは6日で部位別にトレーニングをほぼ毎日やっております。そのノウハウを元にホームジムを作っております。楽しみながらをムネにトライ&エラーを重ね精進しておりますので、成果が出やすい記事となっております✨✨

■1:胸の筋肉の部位(5種類)

♦胸の筋肉は5種類あり、上部/中部/下部・外側/内側とあります。

勿論個人差や聞き手により鍛えやすい部位が異なりますが、大部分は同じなので軽い重さからやってフォームを整えると良いと思います。

1-1.大き目で鍛えやすい筋肉

〇下部・中部・外側

この部位は比較的大きい筋肉で構成されていて、鍛えれば鍛えるほど肥大し結果が出やすい筋肉のパーツです。

ここを先ず鍛えるのが、トレーニングのベースを作るのに初心者や胸トレがうまくいっていない人がすべき部位だと思います。

1-2.小さく鍛えにくいけど、形が良くはっきりする筋肉

〇上部・内側

この部位は鍛え難くく大きくなりにくいですが、形を整え立体的にするには欠かせない部位です。

上部は、下部中部を鍛えすぎて【おっぱい】感が出てしまうのを防ぎ、男性らしい大胸筋にするには欠かせない部位です。

内部は胸筋を立体的に見せ、シャツを着た時に筋肉が見えやすい部位になりますので、鍛えると客観的に見て筋肉が発達して見えやすくなります。

■2:胸トレの種類

2-1.ダンベルプレス

これは主に、胸の中部と下部と外側を鍛える事が出来ます。比較的大きくなりやすい筋肉を、まとめて鍛える事が出来るので、トレーニングのメイン種目に入れると結果が出やすいと思います👍

2-2.インクライン・ダンベルプレス

これは、ダンベルプレスの亜種でベンチの角度を椅子の背面よりやや傾けた状態でするトレーニングで、主に胸の上部と外側を鍛えることが出来ます。

2-3ダンベルフライ

これは胸の中部と外側がメインで鍛えれます。若干ですが下部/内側/上部も刺激が行きますので、まんべんなく鍛えたい場合はフライをすると、丸みを帯びた大胸筋に仕上がります。

2-4.ダンベルプレス(片側ずつ)

これは、ノーマルのダンベルプレスの亜種で、片方を上げたまま反対側を10レップずつ上げる方法で、普通のプレスで胸に効かせにくい人でもかなり効かせることが出来ます。

■3:一番胸に効く種目

〇ダンベルプレス(片側ずつ)とインクライン・ダンベルプレス

この二つを重点的にやれば早くて2か月~3か月で大胸筋が見るからに肥大し、かっこいい胸板を作ることが出来ます。

僕のやり方ですが、その日の限界ちょい手前まで追い込みます。

なぜかと言いますと、あまり追い込むと次の日に支障が出たり、習慣づけに悪影響が出てしますからです。

楽しく続ける事が大切なので、先ずはやってみて下さい👍

コメントを残す