理念:夢を追う事を躊躇い無く出来、心身共に幸せで笑顔溢れる社会を目指します。

通信/情報

ビジネス初心者がこれから脱サラや事業を始めるにあたっての注意点

こんばんわ!!木村晴輝です。

現在のコロナの影響や、今後の様々な社会情勢において

日本人の殆どの人が、自分の身の振り方を考える。

そんな時代がやってきました!!

皆さんは今後の生活・人生の方向性を

どの様にしていくか、どんな将来に指定か

考えておられますでしょうか!?

先ずは30年前の日本がどのようなものだったか知ろう!

友人の経済学者や政治家の方に聞いた所、

現在の経済状況や、政治的傾向は全て、

過去30年程前の日本の政策や社会情勢を

研究すれば、なぜ今こうなっているかが

明確に分かるという事らしいです。

今から(2020年現在)30年前と言えば、

バブル景気最後の年で、翌年には土地バブルも崩壊し、
平成不況へと突入していく。

因みにおさらいですが、バブルの期間は
1986年12月~1991年2月までの51か月間に
日本で起こった資産価格の上昇と好景気を言います。

任天堂がスーパーファミコン発売。

7月頃には大阪の【海遊館】が開業した年でもあります。

バブルが崩壊して、
お金に対して人に対して、
様々なフィルターが
かかっていた時代ですが、

そのメッキがはがれた人。

更に時代を読み成功した人。

新たなジャンルを築いた人。

この2020年に猛威を振るった『コロナウィルス』
でさえも100年前のスペイン風邪を見れば
どのように人が動いていたか?

どの様に被害が拡大し影響が出たかが読み取れるそうです。

なので、現在から未来にかけてどの様に動けば
豊かになれるかは、現在から少し前の年代を
観察して行けば傾向が読み取れるでしょう。

先ずは社会的な歴史から勉強すると言いでしょう^^

ビジネスの種類は最低限勉強しましょう!!

僕は小学校の生活学科と言う科目で、

当時は良く分かりませんでしたが、

社会に出ると必ず接触して来る人達。

ビジネスマンがいる事と、

そのビジネスの種類があり気を付けて下さいと習った事がありました。

勿論現在僕は、一経営者として顧客様に
サービスと安心を提供しビジネスを展開していますが、

それまでにはいろいろなビジネスをやってきました。

皆さんもビジネスの種類や

自分にはどの形態があっているのか。

間違った知識や固定概念は無いのか?

社会人として最低限副業やビジネスをする前に

知っておいた方が良いかもしれませんね^^

ネットワークビジネス

アムウェイ(Amaway)・ワールドベンチャー(Worldventure)
モデーア・ガイア・etc…

高校卒業後や大学卒業後に、何だかんだ
一番初めに友達や親せき、会社の同僚から
声がかかってくるジャンルでは無いでしょうか。

簡単に言えば代理店業と言われているもので、

自分が登録している企業に紹介制で登録して頂き
その自分が登録している企業の商品を買って頂いた時

又は、その企業の仲間になって頂いた時に
その売り上げ(契約金・購入金)の数%が

自分の収入源となるものです。

紹介で登録して頂き、自分の商品が売れれば売れるほど。

契約して頂いたダウン(自分の部下・パートナー)が
売り上げを上げれば上げるほど、

自分の収益も高くなっていきます。

権利収入と呼ばれるものもここから入って来る人も多いでしょう。

しかし一度僕はネットワークビジネスに参入し150人程
組織を拡大し一時期はある程度の権利収入と言う物を
得る事が出来ていましたが、その時の僕は労働収入でした。

と言うのも、ネットワークビジネスで
自分が権利収入を得るには、

自分のダウンにも稼いで頂かないといけないし、
その理由も稼がせたい・夢を見せたい。

と、表向きで入っていますがそうではなく、
結局は自分が権利収入を得続ける為に

その組織から離れるのを少しでも防ぐため。
又は少しでも遅らせる為にセミナーを開いたり

面倒を見たりしないといけないので、
上に行けば行くほど忙しくなっていきました。

故に僕は、ネットワークビジネスは労働収入に位置付けます。

あと、すごいイメージが悪いので、新規参入者や

ビジネス初心者には実績も実力もないので
全くお勧めできないビジネスモデルです。

ネットビジネス

これはパソコン一台で出来るビジネスの事で。

例えばアフィリエイト・せどり・Amazonセルフ出版
cloudworksなどでのライティングの仕事、動画編集業。

FXやバイナリーオプションも紹介して登録して頂く事を
生業としているのなら、ネットビジネスに部類されます。

パソコン一台でどこでも仕事が出来るなら
時間も場所も自分で決めれる為、

凄く理想にしている人も居るでしょう。

僕の知り合いは物販でネットビジネスを
しながらですが、世界一周旅行に行っております。

勿論、海外でも出来る仕事もありますので、
海外で仕入れもしていたりしていましたね^^

アフィリエイトでランキング6位にもなっている人も
僕の周りにはいます。年収で言うと億でしょうか。

ランキングに入っていなくても
コンスタントに毎月サラリーマンの
月収位は稼いで、本人がやりたかった

ボランティアや支援を行っている方もいます。

メリットもありますが、デメリットもあり。

そもそも成果が出ずらいビジネスですし、
詐欺商材や時間管理が上手く行かず、

途中で断念する人が多い職業でもあります。

マルチ商法とマルチまがい商法の違い

マルチ商法はネットワークビジネスも
この中に部類されます。

  • 商品を卸し、販売を斡旋する
  • 新規加入者の販売マージンが加入紹介者に入る(と販売会員勧誘の際に説明する)
  • 販売会員にセミナー制度などを設けて、販売方法研修を有償で行う

とまぁほぼネットワークと同じ説明ですが、
MLM(マルチ・レベル・マーケティング)の

頭を取ってマルチ商法と呼ばれている事が多いです。

では、マルチまがい商法とは何か?
実は今は死語とされていて呼ぶ人は殆どいないのですが、

端的に説明しますと、MLMの商品が
通常販売価格より超高額だという事です

500円で売られているシャンプーが
成分や効能が変わらないのに10,000円で

販売されているとか、
特に意味のないオプションを付けられて

高額で売られているとこれに該当します。

ただこれは商品があるので
ギリギリ犯罪ではないそうです。

ねずみ講

簡単に説明します。

ネットワークビジネスの様な構図ですが、

販売する商品が無く、
お金だけのやり取りで犯罪です。

例えば入会費10万円と言われ入会し、

本人も2人以上入会させればその入会金の
50%貰えることが出来、残りは本人より
上の会員に数%ずつ配当されていく制度で

無限連鎖取引とも別名呼ばれており、
これをやると捕まります。

結論!どのビジネスをやってもいいが責任は持とう!

国が副業を推奨し、トヨタ自動車やその他の大企業も
永久雇用の撤廃やリスク分散で正社員の仕事の

アウトソーシング化(外注)を図っている中。

普通に今の暮らしを維持するには
ダブルワーク・トリプルワークをしないと
イケナイ時代がやってきました。

その中で、自分の会社は大丈夫と盲目に
安心し目をつぶっている人も多いですが、

危機を覚え、チャレンジする人も
出てきていると思います。

そのチャレンジする人も、
このようなビジネス形態を

分析することが出来ず、

結果の出ないビジネスで10年も搾取され
時間と資金を浪費してしまった方もいます。

なので最低限の知識を蓄える事と
信頼できる人から教えて頂いたり、

小さい失敗を繰り返し、
徐々に経験を積んでいくことを

お勧めします。^^

僕自身も良き人、悪い人に出会い
沢山チャレンジし騙され・導いて頂き

今のライフスタイルになっております。

これから始める人に多いのが、
成功者にお話を聞くのに、
時間を頂くのに何も成果を上げていない。

そんな自分が会いに行っても
失礼に当たらないか?

僕も昔そう思っていた時期がありましたが、
成功者や・社長さん・投資家の方々は

一生懸命な人には誠実に
対応してくれますし応援もしてくれます。

最低限のマナーと誠意さえあれば、
本当に今の現状を変えたい!

と思っているのであれば、
門を叩いてみるも僕は良いと思いますよ^^

僕であれば、そんな一生懸命な方は
昔の僕と重ねてしまう為、

泣いてしまうかもしてませんね(笑)

コメントを残す