理念:夢を追う事を躊躇い無く出来、心身共に幸せで笑顔溢れる社会を目指します。

未分類, 赤ワイン

ベルターニ・オンニサンティ・ディ・ノヴァーレ・ヴァルポリツェラ・クラッシコ・スペリオーレ

ベルターニ・オンニサンティ・ディ・ノヴァーレ・ヴァルポリツェラ・クラッシコ・スペリオーレ Ognissanti di Novare Valpolicella Classico Superiore DOC

プロフィール

産地/地域:イタリア/ヴェネト/ヴェローナ/グレッツァーナ

ヴァルポリチェッラクラシカ地域の
テヌータノヴァレのブドウ園から。
オグニサンティのブドウ園
2.92ヘクタール露出:西

年代:2017年 750ml alc. 12.5%
飲んだ日:2020年12月31日
品種:コルヴィーナベロネーゼ95%/ロンディネッラ5%
生産者:ヒルファミリーエステーツ/ボデガス・アテカ
購入店舗:大丸百貨店
価格:クリスマスプレゼントの為プライスレス👍

ベルターニのイタリアサイト

オンニサンティ・ディ・ノヴァーレについて

日本でこのワインを評価している所は
2021年1月時には全く無く調べるのに
とても苦労しました。

海外のサイトを載せておきます。
ジャームズ・シャックリングが受賞したBERTANI CRU

ヴァルポリチェッラクラシコスペリオーレ

慎重に葡萄の房(ふさ)の選択と
丁寧でじっくりとマセレーションを行っております。

オーク樽で1年間の熟成のお陰で、
バランス・フレッシュなタンニン。

ボトルに6ッか月間貯蔵し更に熟成させます。

マセレーション/マセラシオン
赤ワインのアルコール発酵が始まってしばらくすると並行して、果皮・種子から色素と渋みが出てくる。この過程を『マセラシオン(醸し)』と言う。

フィロソフィー

●ブドウ品種コルヴィーナは
ヴェローナで栽培されている品種で
ヴァルポリツェッラには欠かせない品種。

濃い赤・酸味と軽いタンニンをもたらしてくれます。

●ブドウ品種ロンディネッラは
同じくヴェネト州ヴェローナで
栽培されております。

色合いはルビー色で
花の香りを持ち、程よい酸と
軽いタンニン・適度なボリューム感を持っています。

単一でワイン化されることは少なく、
コルヴィーナを飾る為の葡萄として
最も利用されている混醸用の一つです。

味わいと感想

ブドウ園は16世紀に建てられた、
小さなオグニサンティ協会から
上り坂にある8個のテラスで構成されている。

エネルギッシュで、
明るさと強さを備えています。

濃厚な中央の味わい、非常に長い後味。

イチゴとスイカ、スパイスと
白胡椒で非常に正確です。

~僕の感想~

果物より花の香りが強いワイン。
口当たりも優しい
シルクを触る様な柔らかさで包んでくれる。

喉越しも柔らか。
優しさの塊の様なワイン。
グラスは口が窄んだ、
深いもので飲む方がいいと思う。
色合いも、年月を感じる様な少しマットなレッド。

かなりお勧めのワイン。
2020年に2017年のものを飲んだので、
作られてから3年目がベストな熟成期間かもしれません。

コメントを残す