理念:夢を追う事を躊躇い無く出来、心身共に幸せで笑顔溢れる社会を目指します。

白ワイン

激安白ワイン グリフォーニュ・ビアンコ

グリフォーニュ・ビアンコ GRIFONE・bianco white ITARIAN WINE

プロフィール

産地/地域:イタリア/プッリャ(プーリア)
年代:NV年 750ml alc.12 %
飲んだ日:2020年8月29日
品種:リースリング/Zibibbo (ジビッボ)
/マスカットofアレキサンドリア??《ドンキ・ホーテのポップ表記》
生産者:Roccadoro (ロッカドーロ)
購入店舗:ドンキ・ホーテ(天満店)
価格:本体698円+税69円=797円

グリフォーニュ ビアンコ イタリア・プーリアについて

まだまだ日本では認知がされていない州
州都はバーリ/人口は約4百万人。

とんがり屋根の奇妙な建物(トゥルッリ)等、
特徴的な建物が多い州。

ギリシャやクロアチアへと続く海が
眼前に広がり歴史的にも
古代ギリシャとの接点が多い場所です。

特産はイタリア国内で一位を誇るオリーブ。
オリーブオイルが名産品です^^

丁度、イタリアの地図のかかと(ヒール)部分の州です。
バロック建築等、(中世と近代建築の両方が顕在し)

世界遺産などの有形文化財が数多く存在し、
13世紀の城や丘の上の街オストゥー二等、
見どころが沢山ある所に葡萄畑もあります。

フィロソフィー

今回は醸造所の情報が無かったので、
プーリアのテロワールについて記載します。

シチリアとプーリアがイタリア二大産地で
生産量はイタリア第二位です。

イタリアの中でも珍しく山岳部がほとんどないプーリア州。
平野53.2%・丘陵(きゅうりょう)45.3%と全州を上げて
ブドウ栽培を行っています。

土壌は一般的に北側が石灰性の粘土質で、
イオニア海とアドリア海に囲まれた南側は、
石灰性の砂質です。

南の輝く太陽のもとで生み出される個性的な土着品種の赤ワイン。

フルーティーな香りと美しいルビー色のワインは、
コストパフォーマンスの良さも加えて、
イタリア国内でも売り上げが急上昇しています。

赤ワインだけではなく、
しっかりした土着の白ワインも人気が上昇中。

これまでの量産ワインというイメージも徐々に払拭し、
自然を生かした有機栽培のワインを含め、
個性的で質の高いワインが
手ごろな値段で手に入ると注目されています。

僕の見解ですが、認知されると日本では価格が
高くなる為お手頃価格で飲めるうちに

買って飲み比べすると良いでしょう^^

僕の感想

舌先にほんのりピリッとする感じ!
そしてめちゃめちゃマスカット^ ^

香りは、安い白ワイン特有の臭さが無く、
程よい香りが鼻腔を包む。

フルーティーでまろやかさが目立ち、アプリコット。

アルコール感が少なく、
スッキリで飲みすい為
ジュース感覚でも飲めるが、

飲み過ぎると酔うよ^ ^

草原、林、爽やかな風がなびく、
春が終わり夏がくる…

という風景が目に浮かびます✨

白ワインのボトルのコルクの部分が
かわいらしいなと思いました。

このコスパでこれは家飲みハッピー👍

コメントを残す