理念:夢を追う事を躊躇い無く出来、心身共に幸せで笑顔溢れる社会を目指します。

赤ワイン

激安赤ワイン グリフォーニュ・プリミティーヴォ

グリフォーニュ・プリミティーヴォ Grifone Primitivo Red ITARIAN WINE

プロフィール

産地/地域:イタリア/プッリャ(プーリア)
年代:NV年 750ml alc.  %
飲んだ日:2020年月日
品種:Primitivo (プリミティーヴォ)=(ジンファンデル)100%
生産者:Roccadoro (ロッカドーロ)
購入店舗:ドンキ・ホーテ(天満店)
価格:本体698円+税69円=797円

プリミティーヴォ イタリア・プーリアについて

アメリカでは3ドル~5ドルで販売されており
年間300万本売れているテーブルワイン。

今を楽しむために研究され、
非常に安価でデイリーとして楽しめる価格帯のワイン。

他のグリフォーニュは白のビアンコとサンジョベーゼ
双方とも値段は同じだが味わいは全然違う。

黒ブドウ品種で、その名前は発芽から開花、
成熟までの全ての段階で早熟であることからきている。

プリミティーヴォの収穫は平均して
9月上旬から9月下旬に行われる。

この品種の由来ははっきりとはしていないが、
ダルマチア(クロアチアのアドリア海沿岸地域)
で生まれた品種で、

それが2000年以上前に
プーリア州に輸入されたとされている。

ルーツは、最古のブドウ品種のひとつ、
クロアチア原産の「ツーリエンナーク・カーステランスキー」

覚えれるわけが無い(笑)

しかし覚えやすい事とすれば、

プリミティーヴォはイタリア語で
【最初】と言う意味であり、

ジンファンデルとイタリアのプリミティーヴォは
違う品種とみられていましたが、

類似点に気づいた研究者らの30年に渡る研究や
議論を経て、1990年代にようやくふたつのブドウが
同じDNAを持つことが確認されました。

フィロソフィー

ジンファンデルとプリミティヴォは、遺伝的に言えば同じブドウ

ブドウはピーク時に厳選され、
赤いベリーと甘草の香りが
凝縮された深みのある真っ赤なワインに造られます。

アメリカのジンファンデルほど
スパイシーではありませんが、

このプリミティヴォは暖かくフルーティーで、
強く余韻の長いタンニンがあります。

今楽しむことを意図されているワインらしいです。

プーリア地域の古いジンファンデルの
ブドウから100%プリミティーヴォになり、

この歴史的なブドウの本来の濃度、

スパイス、フレーバーを再発見しようとする
地元の栽培者との長期にわたる研究の結果です。

プリミティヴォは柔らかくて深みがあり、
風味豊かなバニラの香りと長いフィニッシュがあります。

僕の感想

凄く香る。
プリミティーヴォのジンファンデルの

香りが高くて甘味が豊富
果樹園を想像出来る位には
味わえるボディー感

グリフォーニュの中では、
プリミティーヴォが一番美味しい。
これは確信。

フルーティーさが一番際立ち、
これなら300万本売れる理由はわかる。

なので常飲するとすれば、
サンジョベーゼでは無く
このプリミティーヴォが

僕は一番おいしかったと思います。

そしてやっぱりコルクが沈んでいる。
面白い!!面が同じじゃなく
ちょっと雑な感じがイタリア感(笑)

コメントを残す