理念:夢を追う事を躊躇い無く出来、心身共に幸せで笑顔溢れる社会を目指します。

赤ワイン

神の雫お勧めワイン エヴォディア

エヴォディアevodia garnacha san alejandro

プロフィール

産地/地域:スペイン/アラゴン州-D.O.カラタユ (赤)
年代:2018年 750ml alc.14.5%
飲んだ日:2020年8月10日
品種:ガルナッチャ(グルナッシュ)100%
生産者:Bodegas San Alejandro (ボデガス・サン・アレハンドロ)

購入店舗:ドン・キホーテ(玉津店)
価格:本体1,180円+税118円=1,298円

ボデガス・サン・アレハンドロ について

ボデガス・サン・アレハンドロは、1962年に設立。

協同組合のワイナリーで、組合員は350、
栽培面積は1,100ヘクタールを有しています。


マドリッドとリオハの中間の、
アラゴン州カラタユドに位置し、
カラタユドはリオハの1/10程の小さな地域です。

畑の標高は平均800mと高く、降水量が少なく、
昼夜の寒暖の差が激しい為、果実味に富んだワインが造られています。


ボデガス・サン・アレハンドロは海外でも評価が高く、
『ワインレポート2007』及び『ワインレポート2008』という書籍において、
スペインの“ベスト・バリュー・プロデューサー”に選ばれました。

フィロソフィー

ボデガス・サン・アレハンドロのフィロソフィーは、
『最新の醸造技術を取り入れ、ぶどうの長所を最大限引き出し、
花、果実のアロマ、優雅さ、バランス、ぶどうの持つ味わい、
そして気品をワインの中に表現すること』です。

優れたワインをつくるには、優れたぶどうを収穫することに尽きます。
そのため、ボデガス・サン・アレハンドロでは、
すばらしいワインをつくるべく、畑の管理に重きを置き、
ぶどう畑の生産性、樹齢など、徹底的に管理しています。

スペイン の高地カラタユで栽培されている超高樹齢のガルナッチャ!!
標高700~900メートルに位置する最高樹齢100年の
ガルナッチャの畑を見い出し、この衝撃の一本[エヴォディア] を完成させました。

しかもこのワインを造るにあたり、地元カラタユのテロ ワールに
造詣の深い女性醸造家ヨランダ・ディアス、

そしてアメリカの有名なワイン商で自らをグルナッシュ (ガルナッチャ)
ワインの専門家と称するエリック・ ソロモンとチームを結成。

才能溢れる3名のエキスパート の知力が結集して生まれた、
究極のスーパー・グルナッシュ・ ワインです。

味わいと感想

美しい紫色。

セパージュは100%ガルナッチャでカシスや
ワイルドチェリーのチャーミングな香り、
スパイシーさやミネラルも感じられます。

なめらかで非常にフルーティー、
余韻に果実味が残る繊細な味わいです。

パーカー【90点】にして1,180円(税別)!!
超人気コミック『神の雫』に登場!!

なんと最高樹齢100年!!

3人のエキスパートの知力が結集した
究極のスーパー・グルナッシュ・ワイン!!

2017年はパーカー驚愕の【90点】!!
『スーパー美味しく、見事なプライス!!』
[インターナショナル・ワイン・セラー(現ヴィノス)]タンザーも激賞!!

『セクシー・ガルナッチャ!!』
飲むと元気を与えてくれる恵みたっぷりの赤ワイン!!今年も強烈にウマい!!

~僕の感想~

少し冷やしてからグラスに注ぎました。
香りやアロマは温度が高くなるとグラスから広がって行きます。

香り自体はあまり強い方では無いですが、
このワインの良い所は飲みやすさと

フレッシュさ(瑞々しさ)が一番だと思います。
後味がとてもフレッシュですっきりしている。

神の雫と言うマンガでは2008年のエヴォディアを
樹齢100年の古木がもたらしてくれる、
完熟したベリー系の香り、
それにちょっとスパイシーな個性が加わっている。

大きな古い木の上のツリーハウス
夏の良く晴れた日の丘の上で
気の合う仲間と共に造っている。

草い(くさい)きれと古木の香りと太陽と
そして休息の時間を潤してくれる果実。
みんな笑顔で目標を持っているワイン。

本当にその通りで、2018年とまだまだ若いワインですが、
仲間と暑い日差しを木陰が生みそうな大きな木の下で

夢や未来に向かっての話を和気あいあいと話している。
元気に一歩を踏み出せる!そんなワインだと思います。

毎日の英気を養うワインとしては最高の一本です。


コメントを残す