理念:夢を追う事を躊躇い無く出来、心身共に幸せで笑顔溢れる社会を目指します。

美術/芸術

PIXAR(ピクサー)展へ行っていました!その2


世界的に有名なPixar!その展示会がありました。

アニメーションにおいてディズニーやジブリと肩を並べる存在!!

その制作過程や、各作品でのアニメーターの苦労話などが徹底解剖!

体験出来たり翻訳で製作者の録画映像を聞け最高に楽しかった👍

♦この記事を読んで頂きますと、ピクサーの制作過程や各アニメーションの技術の凄さ、チャレンジし最高の映像に仕上げるまでの過程が分かります。

技術者達の考え方や、一つの作品への執念と成功に導くまでの苦労など、

かなりシビアに、楽しく展示されていました!!

実際に一部の工程も体験する事が出来、貴重な体験が出来ましたので紹介させて頂きます。

この記事を執筆している僕は、

趣味で『芸術』・『美術』・『コーヒー』・『ワイン』・『ワークアウト』等。

多趣味で長自分がハマれば期的に継続させるのが得意です。

建築を専攻していたこともあり、『美術や芸術』は大好きです。

その一つとして、Pixar展へ行ってきました。

なので美術にはうるさいです(笑)👍

DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】

本記事の内容

  • キャラクター作成コーナー
  • キャラクターの関節や筋肉を動かすコーナー

■キャラクターの形を作るコーナー

X・Y・Zの座標を入力して位置を入力し画面に線が掛かれています。

この線は、建築のデザインでよく使う3Dのパースの様に、

点と線を結んで、絵を造形していきます。

作業を何度も繰り返し、360度どこから見ても立体的に見える。

生き物や建物を作ることが出来、これを『モデリング』と言います。

右下の小さい画面に映っている人が、

Pixarの作業員でその時の苦労などを語ってくれます👍

■キャラクターの関節や筋肉を動かすコーナー

キャラクターに仮想の筋肉や関節・骨を付け、

自然な生き物の動きが出来る様にする作業で、

下にある関節のようなものが『リグ』と呼ばれるものです。

これの効果で、ゴリラ🦍の様に力ずよく動かしたり、

タコ🐙の様にナメカワしく動かしたり出来ます。

結構重要な作業で、『リグ』の数や場所によってキャラクターの動きが変わる為適切に設定する必要があります。

ここにも写真撮影コーナーがあり、とてもリアルで多分1分の1スケールだと思います。

マイク・ワゾンスキー!!!と言って、ブゥが飛んできそうですね👍

リギングコーナー

ここでは、『サリー』の顔の動きを変えたり動きを付けたり、

アニメーションは『会話』する為、自然な口の動きをさせる必要があります。

口を動かすだけでは無く、それに付随する『目・眉・肌のしわ

筋肉の筋にも動きを付け、バラバラに動かすのではなく

ちゃんと一連の動作として落とし込む必要があります。

こちらでは、『トイ・ストーリー』のジェシーの顔で遊ぶことが出来ます。

こちらは面白かったですね(笑)!!

子供たちがめちゃめちゃにするから、

ジェシーが超ブスになったり、変顔したり、

めちゃめちゃ大変なことになってました。

ケラケラ笑ってて多分子供達には

ここが一番楽しかったかもしれないですね✨

DVD/CDの宅配レンタル【TSUTAYA DISCAS】

コメントを残す